株式会社山忠は、人々の「よりおいしく より安全で より健康的」な食生活に貢献するとともに日本独自の海藻食文化の可能性追求とその未来を創造します。

  1. ホーム
  2. 企業情報
  3. 企業概要・沿革

社名 株式会社 山忠
代表者名 代表取締役社長 山城 繁樹
創業年月日 昭和22年7月9日
設立年月日 昭和39年6月22日
資本金 2,000万円
従業員数 145名(2013年7月現在)
事業内容 海藻加工食品の製造販売(ひじき、わかめ、海藻サラダ、青のり、その他海藻及びレトルト・ソフトひじき、プチマリン等の海藻加工品)
決算期 2月末日
所在地・面積 〈本社・工場〉敷地11,600㎡
〒876-0811 大分県佐伯市鶴谷町1丁目4番30号
TEL 0972-23-3344 FAX 0972-24-1134

〈リバーパーク犬飼工場〉敷地19,715㎡
〒879-7305 大分県豊後大野市犬飼町田原字舞田原655番地
TEL 097-578-1100 FAX 097-578-1103

〈港事業所〉敷地1741㎡
〒876-0806 大分県佐伯市春日町8番20号
TEL 0972-23-6789

〈直売店〉敷地297㎡
〒876-0845 大分県佐伯市内町3番13号(うまいもん通り)
TEL 0972-22-3344  FAX 0972-22-3345
取引銀行 大分銀行佐伯支店
三井住友銀行大分支店
伊予銀行佐伯支店
三菱東京UFJ銀行福岡支店
周辺マップ

昭和 22.7 佐伯市内町において初代社長 山城忠が山城忠商店として創業、海産物の販売を開始。
昭和 27.5 佐伯市港区日の出町に加工場を開設。ひじき、青のり等の製造を開始。
昭和 39.6 株式会社に組織を変更すると共に、社名を株式会社山城忠商店に改称。
昭和 42.9 自動透機乾燥機を導入。青のり、ひじきの加工体制を整備。
昭和 48.2 佐伯市港区日の出町に新社屋を建設。本社事務所を移転、社名を株式会社山忠に改称。
昭和 48.7 カットわかめ、糸わかめの製造を開始。
昭和 54.12 佐伯市鶴谷区に新工場を建設して、生産の合理化と量産体制を整備。
昭和 58.2 佐伯市鶴谷区に新社屋を建設、本社を移転。
昭和 58.10 国内初の海藻サラダを開発し、販売を開始。
昭和 61.7 ひじき自動カラー選別機を国内初導入。
昭和 62.3 ひじき専用大型乾燥機導入。
平成 2.12 山城繁樹が社長に就任。
平成 8.4 資本金を2000万円に増資する。
平成 8.10 ノンドリップ蒸煮製法(特許第3244686号)による、ひじき自動製造ラインを新設。
平成9.10 レトルト殺菌機の導入と共にレトルト加工工場を新設。
平成9.12 惣菜製造業の営業許可を取得。
平成11.5 SEAGANIC(シーガニック)の登録商標(第4264244号)を取得。
平成11.7 調味加工工場を新設。ソフトタイプ商品の本格的生産を開始。
平成11.9 ひじきの白和えの素を開発し、販売を開始(特許 第3955695号)。
平成11.11 ひじき製造ラインで24時間製造を開始。
平成13.5 ひじき蒸煮加工場を新設。
平成14.3 品質マネジメントシステム(IS09001:2000)を認証取得。(平成24年3月に返還)
平成14.4 プチマリン発売(商標登録 第4592529号)。
平成16.11 プチマリンが第15回全国水産加工品総合品質審査会「水産長官賞」を受賞。
平成19.4 排水処理施設を新設(処理量300 ㎥/ℓ)。
平成21.6 ひじき養殖事業化実現に向けた取り組みについて愛媛県内3漁協と協定を結ぶ。
平成23.3 韓国太田食品株式会社と業務提携並びに資本提携を結ぶ。
平成24.11 山忠リバーパーク犬飼工場操業開始。